どうにかして学園生活とロボット戦闘を両立させようとする軛から人類を解き放つことはできないか。
(otsuneからリブログ)

早く別れるカップルのLINE
男「だいすき❤️」
女「ゎたしも❤️」
男「ちゅー❤️」

あまりの混雑に意味がわからないことを喋るバイト中の俺

俺「レジ袋お箸ですか?」
客「は?」

(gearmannからリブログ)
寄生獣アニメについてのブコメ見てたら「シンイチ、この生殖器ちょっと勃起させてみてくれ」の台詞を平野綾がいうとか胸熱」とあってこれがポジティブシンキングなんだな、と思った。
(gearmannからリブログ)
『寄生獣』って作品はたぶん「昔こういうこともあったんだよ」みたいな語り口じゃ刃が鈍る。「今あなたの隣で起きてることなんだよ」という切迫感が要る。だから現代風に寄ったキャラデザにも意味があるのだと思うし、あの作品の芯の部分さえ違わずに描いてくれるんなら、それでいいんじゃないと思う。
(gearmannからリブログ)
もう一つは、「孤独のグルメファンは行儀がいい」ということだ。ここで7月24日に発売された「『孤独のグルメ』巡礼ガイド」内の原作者インタビューを引用しよう。

「夫婦で営業してるんで、急にたくさんのお客さんが来ちゃうとさばききれない。なので、お客さんには看板メニューの釜めしは「2時間もかかりますよ」って言ったら、みんな「待ちます」っておとなしく待ってくれたらしい。しかも誰かが片付けを自分で始めたら、みんなが後に続いてやってくれたんだって。「もう涙が出るようだった」って言ってましたね」

まるっきり、お店の事情がよくわかっている「常連」としての振る舞いだ。

この理由についても、前述のインタビュー内で久住はこう語っている。

「シーズン3までやってその理由がやっとわかったんだけど、どうやら五郎が静かな客だかららしい。『孤独のグルメ』のファンは、井之頭五郎になりきって食べるから、みんな騒がないんだよね」
(katoyuuからリブログ)
宮崎駿の言う「声優は作った演じてる感のある声がダメ、だから女優とか素人をつかう」みたいなそれがイマイチ理解できなくていやいや声優本職の人のがええに決まってるやんな…ってずっと思ってたけどつまり素人モノのAVが好きみたいなことかな?って思ったらなんとなく理解はできた
(tkrからリブログ)

雲母(きらら)

5世帯。吉良、雲英と語源をともにする。近年、静岡県に多く、特に小笠郡菊川町吉沢に集中してみられる。北海道にもみられる。雲母(うんも:鉱石)の産地。きらきらと光ることから名前がついた。


回り道(まわりみち)

3世帯。和歌山県日高郡日高川町千津川廻り道がルーツ。現在は和歌山県や兵庫県、神奈川県にみられる。 「まはりみち」と言う読み方は、歴史的仮名遣いの読み方。


凸守(でこもり)

1世帯。詳細不明。


榮倉(えいくら)

1世帯。埼玉県や大阪府、東京都、鹿児島県少数存在する。蔵が栄える、という意味が由来。


蓼丸(たでまる)

1世帯。広島県に少数みられる。「たで」は原野などにたつ建物が語源であり、城壁や堀に関する物が由来。伊達氏と関連する。中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)山蔭流がある。


小浮気(おぶき)

4世帯。現千葉県北部である下総国相馬郡小浮気邑発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、京都府、滋賀県にみられる。語源は小さな湿地帯。4世帯。


東京(とうきょう)

現在大阪に1世帯。東京の地名から姓となる。大阪府岸和田市や鹿児島県にわずかにみられる。語源は日本の首都である東京から。


辺銀(ぺんぎん)

現在沖縄に1世帯。渡来人による帰化名字。 沖縄県に集中する名である。


蟋蟀(こおろぎ)

1世帯。詳細不明。


猫屋敷(ねこやしき)

5世帯。現岩手県南東部と北西部を除く地域である陸中発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、岩手県、旧蝦夷地である北海道などにみられる。


鰻(うなぎ)

2世帯。現鹿児島県である薩摩の名族、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)隆家流菊池氏族。近年、鹿児島県指宿地域などに少数みられる。西郷氏と同じ菊池一族。


勘解由小路(かでのこうじ)

1世帯。京都の小路の名称であり勘解由使庁の所在地からきている。ここに屋敷を構え地名を称号したとされ、現在は山口県に少数みられる。京都府京都市に地名が残っている。


七五三田(しめた)

2世帯。現千葉県南部である安房発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、千葉県鴨川市にみられる。語源は注連縄(シメナワ)に関連する。


御薬袋(みない)

5世帯。現山梨県である甲斐国巨摩郡薬袋村が起源(ルーツ)である。近年、兵庫県、東京都などにみられる。薬袋(みない)と同祖の名字である。武田信玄が薬袋を落として届けた際「中身を見たか」と問うたところ、見ていないといったことからとか、薬袋を持っているのを見たことがない(くらい元気)といった具合の話が由来の出所として多数残されている。


秀吉(ひでよし)

5世帯。現広島県東部である備後発祥ともいわれるが、伝統的な名字である。近年、広島県神石郡神石高原町などにみられる。「吉」は佳字で、芦や葦の場合もある。


獅子王(ししおう)

2世帯。伝統的な名字である。近年、滋賀県大津市にみられる。

降魔(ごうま)

3世帯。詳細不明。

邪答院(けいとういん)

1世帯。詳細不明。

野ざらし(のざらし)

1世帯。詳細不明。

奉日本(たかもと)

1世帯。伝統的な名字である。近年、大阪府茨木市にみられる。

(akisutenoからリブログ)
マジ理解できないし許せない
どんな育ち方したら人のおりがみの金色を勝手に使うんだよ
(zenigataからリブログ)
(zenigataからリブログ)
(zenigataからリブログ)